医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  相田みつをさんの詩を読んで

  
  外来(内視鏡室)看護師
  
  坂本 里夏子
  
 

私が、相田さんの詩に出逢ったのは、今から2~3年前になります。きっかけは、友達から相田さんのミニカレンダーを頂いて、その中に書いてある詩を読んだ時感動して、自然に涙が出てきたからです。

今迄、色んな詩を読みましたが、こんなに心を打たれたのは、初めてでした。最近は、トイレに日めくりカレンダーを置き、毎日楽しみに読むのが日課になっています。時々忘れる事があると、息子がめくってくれます。

毎日、仕事と家庭の両立で、いつも時間に追われていますが、ほっとする時に相田さんの詩を読むと、なるほど…と思う事が沢山あります。そして、反省したり、考えを変えたり、前向きな自分になれる様な気がします。
時には、子供の教育で意見が違ったりして、何故?どうして?と悩んだり、仕事の事で落ち込んだり、人生を否定する事もあります。
でも、相田さんの詩は、勇気をくれたり、共感を得る事が出来ると思います。
相田さんの詩を読むと、その日の反省が出来るので、ストレス解消にもなるし、怒りたい気持ちになっても、一呼吸おいて人と接する事が出来る様になったと思います。

それでは、ここで私が大好きな詩を二つ紹介したいと思います。

   
        
    道
            
            
            長い人生にはなあ
            どんなに避けようとしても
            どうしても通らなければ
            ならぬ道ー
            てものがあるんだな
            そんなときは  その道を
            黙って歩くことだな
            愚痴や弱音を吐かないでな
            黙って歩くんだよ
            ただ黙ってー
            涙なんか見せちゃダメだぜ!!
            そしてなあ  その時なんだよ
            人間としての いのち根が
            ふかくなるのは・・・
        
     
     ただいるだけで
           
            あなたがそこに
            ただいるだけで
            その場の空気が
            あかるくなる
            あなたがそこに
            ただいるだけで
            みんなのこころが
            やすらぐ
            そんな
            あなたにわたしも
            なりたい  

 私は、この二つの詩を思い出しながら、これからの人生を過ごして行こうと思います。それから、息子には、自分の信じた道を踏み出して欲しいと思います。どれだけの山や谷があるかわかりませんが、そんな時この二つの詩を思い出して欲しいです。そして、命の根をしっかり張ってもらいたい…それが、私の願いです。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.