医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  大切にしているもの

  
  病棟看護師
  
  天内 夏未
  
 

好きな言葉は……『一期一会』です。

私は日々の出会いを大切にしています。昔は毎日だいたいの計画を立て、予定通りにいかないとイライラしたりしていましたが、年齢を重ねるごとにそれはそうなる運命なのだ!!と考えるようになりました。

私は写真を撮ることが大好きです。何かある毎にデジカメで写真を撮るようにしています。写真はその時の楽しさや感情が表れ、後で見返した時にその時の楽しさが思い出されるところがとても魅力的です。機械操作が得意ではない私ですが、最近デジカメ写真をパソコンに保存する方法も覚え保存するようにしていました。

今年、実家の愛犬プードルのポロがこの世から去りました。実家は青森と遠く、最後を看取ることができず、悔しい気持ちと看取るのは、とても悲しすぎるので、側にいなくてよかったのかもしれないという気持ちが半々であります。10年間一緒に過ごした思い出が写真をみると思い出されますが、一緒にいるのが当たり前となっていて写真も数える位しかありませんでした。もっと撮っておけば…と悔やむところはありますが、私の心の中には思い出として保存できています。

身近な人や普段の日常ほど写真を撮らなかったりするので、これからは撮るようにしていきたいです。写真を撮った時につい写ってしまった風景や人、旅行先での出会い、仕事の仲間、友人や家族、すべての写真に収めた(写した・撮った)ものすべてが私の大切にしているものです。

今年は辰年、良い年になるようにどんどん写真を撮って思い出を作っていきたいと思います。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.