医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  3・11

  
  病棟看護師
  
  竹本 妙子
  
 

 早いもので3月11日からもうすぐ1年が経とうとしています。
 あの日を境に様々な経験をし、色々なことを考え、大袈裟に言えば今までの生き方までも変えるきっかけとなりました。
 当たり前な日常がこんなにも有難く感じたことはありませんでした。帰る場所・住む場所があること、スイッチをつければ電気がつくこと、水道をひねれば水がでてくること、食べたい時に食べたいものがあること、支えあう家族がいること。
 そんな時テレビから見える被災地の状況にいつも胸が張り裂けそうになります。今なお多くの人が寒い仮設住宅で過ごしていると思うと、なんて自分たちは贅沢なんだろう…と感じざるを得ません。
 自分には何ができるのだろう。一人の人間として、看護師として震災後からずっと感じ続けています。今でも時々感じる無力感があります。
 日々のことに感謝をし、あの日を忘れないこと。自分の置かれている状況に慣れ、投げやりになったり、忘れがちになる時、ふと立ち止まって考える習慣が身に付きました。決して忘れてはいけないのだと自分に言い聞かせ、くじけそうになる時、ふと頭をよぎります。自分よりも酷い状況の中で踏ん張って、ひたむきに生きている人たちがいる。応援しなくてはいけないのに励まされていることに若干矛盾を感じますが、それが現実です。
 仕事をしていると日々の業務に追われがちになっていますが、恵まれている今の自分のいる環境や立場で精一杯生きていこうと思います。
  

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.