医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  医療系ドラマって・・・

  
  病棟看護師
  
  末永 信子
  
 

  テレビ大好きっ子の私ですが、子供の頃は、白い巨塔のオープニングを見て「絶対これは怖いドラマだ」と震えていました。役者さんの顔も怖かったし、画面も暗いし・・・。
 看護師になってからは医療系ドラマの微妙な点が気になるようになりました。血圧を測るシーンでは水銀計の目盛りがあがってないとか、人口呼吸器をつけており意識もないはずなのに眼鏡をかけている!?などなどです。一種の職業病ですね。現在のドラマは、ちゃんと医療監修の方がついているのでそういうことはなくなりました。姑のようにアラを探すことなくドラマに集中できて幸せです。
 私も坂口憲二や江口洋介のような先生と働きたい!と思いますがなかなか実現しません。まあ先生たちも私とかじゃなく柴?コウや観月ありさと働きたいと思っていると思いますが・・・。
 あと海外の医療ドラマでは、手術や処置をしながら「今夜食事でもどう?」みたいな会話を男と女のドクターがしていますが、あれはどうなのか?手術は全身麻酔だから患者さんには聞こえてないにしても、他のスタッフにはまる聞こえではないのか?処置をされている患者さんは「おいおい」と思わないのか?それともこのドクターはこういう会話ができるほど余裕がある。だから大丈夫!と思うのか・・・。きっとドラマだからねーと思っていたのですが、林真理子さんのエッセイで、アメリカの病院に運ばれた時、苦しんでる頭上でアフターファイブのような会話がされていたとのことでした。お国柄でしょうが、すごいですね。
 医療系のドラマがなぜ人気なのか、病気というものに立ち向かおうとする人間の姿勢に感動するのか、そこで垣間見られる人生に心打たれるのか、医大の派閥や権力争いが面白いのか、理由はたくさんあると思います。難しいなとか思わずに見てみるのもいいかもしれません。
 ドラマのようにはカッコよくなく、いざという時にBGMも流れませんが私たちもがんばっています。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.