医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.11.13  看護師になって
 2017.10.04  練馬大鳥神社酉(とり)の市
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  新たな挑戦

  
  外来看護師
  
  野村澄江
  
 


 私がスズキ病院に勤務し6年が過ぎました。現在までに専門外来を含め、多くの経験をさせていただきました。
 今年から内視鏡室に勤務する機会も増え約3ヶ月が経ちました。
 内視鏡室とは・・皆さんが良く知るところでは、胃の検査(胃カメラ)や大腸検査(大腸カメラ)を行う所です。
 内視鏡に勤務してあらためて思ったことは、初めて検査を受ける方も何回も受けている方も不安な気持ちで、緊張しながら検査を受けるということです。ですから、まず看護師である私の仕事は、その不安を取り除き、安心して楽に検査を受けていただけるようケアすることです。毎日たくさんの方が検査を受けられますが、終わったあと「楽だった」「全然痛くなかった」「落ち着いてできた」と笑顔でお帰り頂くと安心します。
 また、内視鏡では時には治療にもなる特殊な検査や処置もあり、いつも以上の精神力が必要と感じています。
 ひとりでも多くの方に検査を受けていただき、安心して生活していただけるお手伝いができるよう日々頑張っています。
 現在、私は40歳半ばに入り、本格的に内視鏡業務を学ぶことになり新たな挑戦ですが、あらためて外来や内視鏡スタッフの助けや支えがあったから続けてこられたと思います。
 日々勉強ですが、そんな中でスタッフ同士お互い疲れているのに「お疲れ様」と声をかけてくれる何気ないひと言がとても嬉しく感じて、ホッとする気持になります。
 今年の目標に向け、知識や技術を学んでいかなければと思います。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.