医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  旅行

  
  看護部
  
  星川 恵
  
 

 私は、1年に一度の夏休み、看護学校時代の親友と三人で海外旅行に行くのが恒例となっています。元々は、海外旅行には関心がなく「お金も時間もかけて海外に旅行に行くのはちょっと…それに異国に行くのなんて怖し…」と思っていました。ですが、5年前友人に突然誘われ、初めての海外旅行に出かけました。
 行き先はトルコでした。急いでパスポートを取りに行き、出発前夜はドキドキして眠れず…。トルコで見たカッパドキア、パムッカレの景色があまりにも壮大で、感動して、びっくりしたあの感覚を今でも覚えています。いずれも、人工で作られたものではなく、長い長い時間をかけて自然が作り上げたものです。本当に貴重な経験であり、20代前半の私でしたが、「生きててよかった!」と叫びたくなる時間でした。
 その後私はもっといろんな国に行きたいと思うようになり、友人と旅行の思い出話を何時間もすることも楽しみになりました。もちろん楽しいばかりではなく、辛い気持ちになることもありました。インドに行ったとき、まだ小さい子供たちが炎天下の暑い中、自分たちが作ったビーズのアクセサリーを売っていました。私たちに必死でしがみついて買って欲しいと訴えています。日本語で「買って、買って」と。
 この経験から、私は今あるこの不自由のない生活は決して当たり前のことだと思ってはいけないと感じました。海外に出向いたからこそ実感した現実だと思いました。ビーズのアクセサリーを買いました。日本語で「ありがとう」と笑った汗だくで真っ黒の女の子の笑顔が忘れられません。
 楽しみ、感動、悲しさ、学び。いろんな経験をしながら、お金と時間がゆるす限りですが今後もいろんな国に行きたいと思っています。
 

 (看護部長より)
 私は、まだ一度しか日本を脱出したことがありません。2週間のアメリカ生活を体験しました。若かりし頃ですから、それはそれは珍道中です。実は私も、無事に帰れなかったかもしれないような・・。星川さんは、まだまだたくさんの経験ができますね。すてきなところで、ステキな体験をして、もっと素敵なひとに・・。 

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.