医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  旅行という非日常

  
  看護部
  
  山下 奈穂子
  
 

 皆さん旅行はお好きですか? 私は大好きです。といっても、もともとインドア派な私。「趣味は旅行です!」と言えるほどあちこちに行っているわけではありませんが、それでも1年に1回の長期休暇には友人や家族と旅行に行っています。
 旅行は実際に行った後はもちろん楽しいものですが、行く前の準備もとても楽しいものだと思います。旅行のパンフレットやガイドブックを見ているだけでワクワクします。ここに行くのか、何を食べようかな、お土産は何を買おうか・・・。出発前に色々と想像していると、実際にその地へ行った時の感動もひとしおだと思います。
 今までフランスやドイツ、チェコ、オーストリアなどに行きましたが、特に印象に残っているのは台湾です。食べ物や観光はもちろんのこと、人々の温かさに触れることができました。道に迷って地図を見ながらああでもないこうでもないと言っていると、必ずと言っていいほど地元の人が話しかけてきてくれました。中々意思疎通が図れない場合は、英語が分かりそうな他の人を連れてきてくれたり、わざわざ地図を描いてくれたりと、こちらが驚くくらいの親切を受けることができました。もともと台湾は親日国と言われているのは知っていましたが、自分だったら言葉も通じなさそうな外国人旅行者に声をかけることが出来るだろうかと考えて、地元の人々の温かさに、こういうことが『思いやり』というものなのだろうと感じました。仕事でもプライベートでもこんなに『思いやり』を持てていただろうかと思わず自分を振り返ってしまうことも多かったです。自分が親切にされたら嬉しいという当たり前のこと。日々の仕事では忙しさにかまけて、つい、ないがしろになってしまうことも多かったと思います。この旅行で、これからの仕事では忘れないようにしようと感じることができました。
 旅行は普段とは全く違う世界に触れることができます。様々な場所を見たり、人々と触れ合うことで今まで知らなかった考え方を知ったり、自分を振り返ることのできる素晴らしい体験だと思います。
 旅行で1年分の疲れをリフレッシュし、帰ってきた後は、さっそく来年はどこに行こうかと考えながら毎日を頑張っています。

(看護部長から)
私も旅行は大好きです。日帰りでも長期でも・・。家族と友人と仕事仲間と、時にはひとりのときも。色々な楽しみ方がありますよね。山下さんは今回、人の温かさや思いやりに感謝することができた良い旅でしたね。きっと仕事にも普段の生活にも静かな変化があるでしょう。これからも良い旅を。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.