医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  私の目指す看護

  
  看護部
  
  御堂地 恵
  
 

 私は看護学校を卒業してすぐに、筋ジストロフィーという病期の方たちの病棟に勤めました。筋ジストロフィーの患者様はほとんど動くことができず、ベッドの周囲が生活の場のため、手の位置や物の位置など1?単位で個人の定位置や方法があり、一つ一つ患者様に確認しながらケアを行う必要性がありました。その中で動けない患者様の気持ちや、その方々への個別性に合わせた援助を学ぶことができました。しかし、もっと様々な疾患を知り、もっといろんな技術を身につけ成長したいと思うようになりました。そして転職を決意し、スズキ病院で働くことにしました。
 ここでは、今まで実践したことのないことばかりで本当に何もできず、上手くいかず、できない自分が悔しくて、周囲に申し訳なくて、落ち込んでばかりおり、今までの経験は何も活かせず、挑戦するのは間違っていたかと思うことが度々ありました。
 しかし、先の療養病院では、不満や要求をぶつけられることが多かったのに比べ、ここでは患者様からは不満や要求よりも、「ありがとう」という言葉をたくさんいただき、がんばろうという気持ちが生まれてきました。自分の選んだ道、できないことが多いからこそ学ぶことはたくさんあり、それが自分の成長に繋がるのだと思い返していきました。
 またそれと同時に、急性期の病院では患者様の不満や要求が少ないということは、自分の頼みたいことや不安なことをあまり言えない状況なのだということも分かりました。長期間入院している患者様は看護師が家族以上に近い存在となるため、自分の要求や不満をストレートに伝えてくれます。しかし、短期で入院される方は、看護師=お世話してくれる人、迷惑をかけている人、という認識が強く相手に気をつかい、自分の思いを半分も伝えられずに我慢している方もいらっしゃるのだと思いました。
 患者様は入院するまでに様々な背景があり、様々な問題を抱えています。また入院後もたくさんの不安やストレスを感じながら生活をしていると思います。何も言わない、言えない人もたくさんいると思います。
 筋ジストロフィーの患者様のように体位一つでも自分の最適な位置や方法があるように、患者様は皆個別性があり、その個別性に合わせたケアが必要だと思います。
 そのためには患者様を知ろうとする気持ち、頻繁な声かけ、ケア前後の反応の観察、そして信頼関係の構築が必要です。よって私は今後も患者様の個別性を理解しようとする気持ち、思いやりの気持ちを忘れず、患者様の気持に寄り添い、信頼していただけるような看護師になっていけるように、知識・技術を身につけ成長していきたいと思います。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.