医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.11.13  看護師になって
 2017.10.04  練馬大鳥神社酉(とり)の市
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  大切な人

  
  看護部
  
  平田 実保
  
 

 私が看護師になったきっかけというのは、特別な出来事などはなく、母親や祖母に「何か資格を取っておいた方がいいよ。例え離婚しても子供育てていけるくらいの収入がある職業がいいよ」なんて言われ、高校の頃なんて将来のことなど考えることもなく、ただただ看護学校に進んだのがきっかけでした。
 高校時代に看護体験に行き、患者さんに足浴をし、「おお。溜めたお湯に足をつけ洗うことがこんなに気持ちいいんだ。」と患者さんの反応を見て嬉しかったものの「結局、看護師ってどんなことをするんだ?」が、始まりでした。
 その後、看護師として働くようになったものの、自分がどんな看護をしたいのか、どんな看護師になりたいかなどの目標を、しばらくは見つけられませんでした。
 看護師8年目となる頃、私はがんの専門病院で勤務していました。
そこでは受け持ちとなった看護師が、入院から退院までの計画などを一貫して担当するというやり方をしていました。
 がん治療は、進行具合によっては手術もできない、また手術はできても転移があったり、それを考えられるときは、その後も抗がん剤治療や放射線治療などと、さらに治療が続く場合もあります。慣れない病院という環境へ患者さんは入院し、辛い治療をすることだけでも不安なのに、治療を進めることで、徐々に体力が衰えていく。今後の自分はどうなっていくんだろうと不安が募る、そんな姿がとても印象的でした。
 それでも患者さんから「平田さーん、今日いたんだね。顔見れて嬉しいわ。」と笑って話しかけてもらったりすると、「頼りにしてくれている人がいる。嬉しい、何だか自分の親戚のおばちゃんみたい。」と心が温かくなりました。辛い治療を乗り越えて退院をした患者さんが外来の受診ついでに病棟に寄って顔を見せてくれて、「検査結果、悪くなってないって言われた。良かった。」と涙を流す姿を見たりすると、寄り添って関わることの大切さを痛感し、心の底から元気になってくれてありがとうと思うこともありました。
 大したことは全然できない私だけど、「自分の家族が病気になったら?」「そこにいる患者さんは、家族にとっても大事な人なんだ。」と考えると、もっとできること、やりたいと思うことがある。それを実行できる看護師になりたい。と、看護師8年目にしてやっと目指すとこが見えてきました。
 正直、忙しい日々十分に患者さんと関われないことが多く、その度に「こんな自分じゃだめだな。」と反省する毎日ですが、自分を見失わずもっともっと頑張りたいと思います。
 頑張りたいと思える職業につけて親や祖母に感謝です。

(看護部長から)
 とてもやさしい看護師です。いつまでもこの時の気持ちを大切にしていきましょう!

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.