医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.11.13  看護師になって
 2017.10.04  練馬大鳥神社酉(とり)の市
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  夢だったことが今

  
  看護部
  
  堀江糸子
  
 

 高校卒業後、やりたいこともなく将来の方向性を決められずに、いずれ会社に就職すると安易に考え、大学の経営学部に進学しました。大学3年の12月に就職活動がスタートしても、やりたいと思うものがなく、仕方なく会社説明会に行き、なんとなく面接を受けていました。たくさんの会社から書類選考で落とされ、自分の無力さにとても悲しかった事を覚えています。
 丁度、介護保険制度がスタートする年で、働くからには少しでも人の役に立ちたいと考え、在宅訪問介護の会社に事務職として拾ってもらい就職しました。事務所に1日中いる仕事で、主に介護保険請求と電話対応をしていました。電話対応をするものの、現場でどんなサービスをしているかさっぱりわからず、現場を知らないと利用者さんの対応が出来ないと思い、訪問介護の利用者さんの家に、ヘルパー2人で行うサービスをする為に一緒に入らせてもらったり、訪問入浴の現場に入らせてもらったり、それが私の利用者さんと接する初体験でした。在宅の現場は看護師もヘルパーも、常に人手不足で、入職と退職が多く把握出来ない程でした。現場に出てみて、利用者さんとの電話の内容が繋りました。現場にもっと出たいと思いましたが、訪問介護のサービスを行うには資格が必要と言われ、会社の休みにヘルパー2級講座を受けに行き、そこでベッドメーキングなど介護の基礎を学びました。
 訪問入浴サービスの、正社員の看護師は入職してもすぐに退職してしまい、アルバイトと派遣看護師で成り立っていました。夜勤明けで仕事をしにくる看護師もいて、体力的に厳しいだろうけれど、色々な働き方があっていいなと思いました。一番魅力を感じたのは技術職なので、知識と経験を積み重ねていくことが出来てそれが自分の糧になるということと、様々な仕事や働き方があり、他にないのではないだろうかと思いました。アルバイトの看護師や、看護師からケアマネージャーになっている同僚を捕まえては、看護師ってどんな仕事?なんでなったの?仕事っていっぱいあるの?どうやったらなれるの?待遇は?と質問攻めにしては、自分には出来ないなと思う日々が数年続きました。なぜ出来ないと思うのかというと、親に大学を出してもらって、今更看護学校に行きたいと言えないし反対されるだろう、3年間学生をする資金がない、30歳から入学して周りはみな高校卒業して18歳なのになじめる訳がない、今から学生は辛い、体力的に厳しいなど出来ない理由がたくさんありました。
 数年間もんもんと考える中、看護師になることは夢でした。挑戦しないと後悔すると結論を出し、社会人入試枠を見つけ家族に言わず看護学校を受験しました。合格してから伝えると意外なことに反対されずに応援してもらえることになり、独り暮らしをやめ実家に戻ることになりました。
 時々、今の自分があるのはあの時に現場を見て、学ばせてもらったからだな、現場は今日も大変だろうなと、その会社の事を思い返しています。働いている場所は違うけれど、患者さんを思う気持ちは一緒だなと思います。あの頃の事を忘れずに自分の夢だったことが現実となった今、支えてくれた人達を忘れずに、感謝の気持ちを持ち仕事をしていきたいなと思います。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.