医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  トウキョウ

  
  病棟看護師 
  
  高橋 幸子
  
 

江戸っ子ではありませんが、生まれも育ちも「東京」です。
親戚も全員「東京」にいます。
子供の頃、夏休みなどの長期休暇になると同級生達が「おばあちゃん、おじいちゃんの家に行く」というのを聞くたびに羨ましく思っていました。
その反動か、成人してから時間ができれば遠出する事が多く、できるだけ
「東京」から離れることを目的に出掛けていました。
知らない土地の習慣、風習、歴史、言葉、人柄などを肌で感じ取りたいので、
あえて観光地と呼ばれている所よりも、地元の人が集まりそうな場所へ足を運びます。
現在はカーナビや携帯電話でも簡単に目的地を調べることが出来ますが、できるだけ土地の人に道を尋ねます。
国内であれば、その土地の方言があり、国外であれば日本語ではないので何を言っているのか分からない事も多いのですが、「旅の恥はかき捨て」とにかく話しかける。
3人に1人位は「どこから来たの?」と聞いてくれます。
「トウキョウ」は、ほぼ万国共通で通じます。そのまま会話が弾めばその土地に少しだけ近づけた気がします。
楽しい思い出のほとんどは、そこで出会った人達との会話であったり、一緒に過ごした時間であったりと様々です。
このような放浪?の旅は現在、患者さんとコミュニケーションをとる上で大変役に立っています。出身地が必ずしもその人の故郷とは限りませんが、自分が知っている土地の話しをされると嬉しいものです。
まだまだ知らない土地はたくさんあります。最近では、「東京」の行ったことのない場所へ足を運び、新しい「東京」を吸収しています。
「トウキョウ」から始まる会話が続くように・・・また誰かに話しかけてみよう。

(看護部長から)
 高橋さんは感性豊かで喜怒哀楽も上手に表現できる人です。もちろん我慢もたくさんあると思いますが・・・。
人を大切に、正義の心に従い行動できる結構カッコいい看護師です。
いろいろな土地で大切な時を過ごし、仕事も一生懸命・・。患者さんとの出会いも大切にこれからも豊かな人生を送りましょう。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.