医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  看護師の役割

  
  看護部
  
  今野 博美
  
 

       
 私が初めて就職したのは大学病院で、配属された職場は整形外科病棟でした。大学病院では、入院してくる多くの患者さんが手術を控えた状況で入院し、手術の前と後の日常生活のサポートや診療の補助に携わってきました。当然のことですが、慣れない環境での入院生活やどんな手術を受けるのかということに大きな不安を抱いている患者さんが多く、どういう治療をするのか、手術後の生活はどういう感じか・・など沢山の質問を受けてきました。しかし、実際にどのような手術が行われるのか知らなかったことや手術室という全く病棟とは違った環境を知らなかった私は、患者さんに上手く説明できていないのではないか?という思いでいました。手術の前と後だけではなく手術という過程を学びたいという気持ちが芽生え、病棟勤務5年が経過した頃、希望で手術室へ異動しました。手術室では、様々な診療科の手術に立会い手術というより詳細な治療の過程を学ぶ事ができました。
 スズキ病院に入職し、現在病棟と手術室を兼務し勤務させて頂いています。
入院している患者さんは、手術を受ける場合だけでなく、保存的に治療を行ったり、末期で主に苦痛や痛みのコントロールを中心として入院されている方もいます。もし、手術が必要と判断され治療する場合には、これまでの経験を強みとし、自分の知識や技術を活かして、患者さんの不安を少しでも和らげ、サポートのできる看護師を目指していきたいと思います。
 日進月歩の医療分野で、昨今、患者さんが求めるものや治療方針は多様化しています。その中で、患者目線に立ち、患者さんの気持ちに寄り添う事はなにより大切ですが、看護師としての使命を自覚し、その責任と自分に与えられた役割を果たすことにこれからも日々精進していきたいと思います。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.