医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.11.13  看護師になって
 2017.10.04  練馬大鳥神社酉(とり)の市
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  みんな誰かのアイドル

  
  看護部看護師
  
  末永 信子
  
 

 最近、とある女性アイドルグループの映像をユーチューブで繰り返し繰り返し観ています。
それまで『アイドルなんて大人たちに操られちゃってかわいそう・・』と思っていたひねくれた大人の私、アイドルしかも女の子しかもかなり年下、に夢中になるなんて青天の霹靂でした。
 どっからどう見てもかわいい、100%全力、仲間と仲良し、結構体育会系、ファンより自分達の曲を愛してる・・・など、もうメロメロです。
 愛されるアイドルになるためにステージに立つために、彼女達はどんな思いをして毎日努力しているのだろう。アイドルでいることが夢といっても、つらい事が無い訳じゃないよね。
でも、いつもファンの前に出る時は、キラキラ輝いている。それは圧倒的なパワーで人を元気にする。
それがアイドルってものなのだ。ファンも日々のストレスを発散するというよりは、彼女達の笑顔に癒されて元気をもらっているのではないかと思います。
 患者さんは、普段、仕事をバリバリやっている課長さんでも、ハツラツとしたスポーツ好きな女性であっても、入院するときは弱っている状態です。それなので退院するとき病院の服から私服に着替え『お世話になりました』と挨拶をしてくださると、本来のその方の一部分を垣間見ることができ、回復されたことをとてもうれしく思います。患者さんもここで治療をしてあのアイドルの子のように日常というステージに帰っていくのです。私達はひょっとしたら一番かっこいい患者さんの一面を見ることはできませんが、それぞれの大切な人にかっこいい姿を見せるために、ここでがんばっていってほしい、そのお手伝いをしたいと思っています。
さて私もアイドルほどかわいくなく、日々疲れていることもありますが、できるだけ
患者さんの前では笑顔でいようと思っています。そのために今日もユーチューブにアクセスするのです。                    

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.