医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  私似の娘

  
  看護師 
  
  進藤 智太郎
  
 



 早いものでスズキ病院に入職し2年目になりました。4月から新たに新入職員を迎え、日々焦りを感じています。こんな私ですが昨年誕生した娘がもうすく1歳を迎えようとしています。ハイハイをして移動していたのが立ち上がり、つかまり立ちをしだし、5~10歩ほど歩くようになりました。親バカですが本当に愛おしく、日々成長する娘に喜びを感じています。
ただ誕生した直後から今のような思いであったわけではありません。男親ということもあり、生まれた当初は困惑と不安が大きかったです。表情が豊かになり活発に反応を示すようになってきたここ数カ月、
「娘がかわいい」「守っていくのは自分たち親しかいないんだ」というありきたりな表現ですが、親としての自覚のようなものをもてるようになりました。また決定的だったのは娘の顔です。生まれた当初から私に似ていると周囲から指摘されていましたが、私自身「そうかな~?」とあまり自覚せずにいました。しかしここ最近ふとしたことから「あ、こいつ俺に似ている…」と思うようになり、よくよく見ると顔の輪郭、髪質、襟足の生え方、眉毛の形…私とそっくりでした。さらに実家にあった私の乳児期の写真をみると、娘と本当にそっくり!いやぁびっくりするほど似ていました。上手く表現できませんが、自分に似ながら成長していくわが子に何とも言えない幸せな感情がわいてきます。(自分に似ている顔の娘の成長した姿を想像すると心配な面もありますが…笑)
昨年度は看護師としてスズキ病院での新たなスタート、娘の誕生と、あっという間に過ぎて行った1年でした。今年度からは最初に記したように、私にも後輩とよばれる職員ができ、先輩に頼ってばかりはいられない立場になりました。同時に私生活では妻が産休から仕事に復帰し、娘を日中保育園に預ける生活が始まり、平日が休みになることもある私は保育園への送り迎え、保護者会の参加など、ますます親としての自覚をもった行動が増えてきました。仕事の面でも、一人の親として良い意味で責任のある看護につなげていけたらと思っています。






  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.