医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  42歳からの再出発

  
  看護師
  
  小野 静
  
 

   私は、スズキ病院と出会えた事に感謝しています。

看護師として再就職をするにあたり、就職活動は数カ月を要しました。ブランクが15年あり、病棟経験が浅い事は、条件としては厳しいものでした。更に、子供の習い事の関係で、15時までの勤務を希望した為、数か所の職場より不採用の連絡を受けました。やっぱり、無理か・・・と、看護師としての就職は諦めかけていた時に、採用の連絡!しかも、『夢の病棟勤務♪』という事で本当に嬉しかったです。

しかし、いざ入職となると、久しぶりの病棟の為、何もかもが不安と緊張の連続でした。まず、ナースステーションに自分が居ること自体落ち着かず、「うわぁ、本当に看護師さんがたくさんだぁ。素敵。」と、まるで素人のような感想を抱きながらカンファレンスに参加したり、点滴をする時は、不安を払拭するように「大丈夫、私ならできる。」と、何度も自己暗示をかけ、あまりの緊張に呼吸をする事を忘れ、苦しくなってしまったり、患者さんの着替えでは、不慣れな為、にっちもさっちもいかなくなり、空を仰ぎ落胆。結局、看護助手さんに手伝っていただき、手際の良さに感心し、自己反省・・・と、日々勉強の毎日でした。
そんな、「一生懸命だけど空回り」のおばさん新人ナースに、スタッフの方々は、優しく親切に教えてくださり、本当に感謝しています。

 入職2年目、いつまでも新人気分ではいられません。目標とする看護師さんがたくさんいます。そのような環境の中で仕事ができる事は幸せです。そのうえ、ライフワークバランスを保ちながら、夢に向かって再出発♪という贅沢をさせてもらっています。

課題を見据え、焦らずゆっくり、少しでも皆さんに近づいて行きたいと思います。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.