医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  私の家族

  
  看護部看護師
  
  上楽有希
  
 

 こんにちは。わたしは上がり症な性格で、人前で話したりすることが苦手で、今文章を考えている時も少し緊張しています。そんな私が、人とふれあう仕事である看護師という職業につけて、今でも続けていられるのは、母のおかげだと思います。
 私の母は看護師をしていました。よく食べて、よく話す人で、ディズニーランドが大好きな、どこからエネルギーが出てくるのか分からない位元気な人です。いつも患者さんとの面白いエピソードを聴かせてくれ、私も自然と看護師になりたいと思うようになりました。看護学校の受験の時や、実習で悩んでいた時、就職してからも、色々相談にのってくれ、叱咤激励してくれました。
 そんな母が、去年病気になりました。病気と言ってもホルモンの異常分泌からくるものなので、見た目は普通の人です。ですが、前より目に見えて体力が無くなったので、今は仕事を辞めて内服治療をしています。それと重なり、祖父も認知症になり介護が必要となりました。誰しもが通る道だと思っていましたし、病院でも高齢で介護が必要な方を沢山見ていたのに、実は自宅で介護するということに自分の想像力が全然追いついていなかったことに気付きました。なので、スズキ病院で患者さんの退院調整に関わり、色々な環境の患者さんや家族の方と接する機会がもて、経験豊富な先輩方と一緒に仕事が出来ることが本当にありがたく感じ、毎日元気をもらっています。
 今は母と一緒に、オムツはこうやって装着すれば漏れないんじゃないかな?と提案したり出来るようになり、やっと母と同じ目線に立って話せるようになってきたのかなと思いました。これからも看護師として少しずつ成長してきたいと思います。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.