医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  練馬の夏の過ごし方

  
  看護部 看護師 1病棟
  
  尾崎 咲
  
 

 今年も、暑い暑い季節がやってきました。毎日ニュースで、「熱中症で○人が搬送されました。」と耳にします。東京都内のなかでも、練馬区は特に暑いと聞きます。私は、練馬区に住んで4回目の夏を迎えていますが、暑さに慣れるどころか、年々暑さが増しているように感じています。そんな私、実は、2回ほど熱中症になってしまったことがあります。しかも、自宅で。(ちなみに私は20代です。)私が、自宅で2回も熱中症になった1番の原因は、エアコンをつけていなかったことだと思います。高齢者の方が熱中症で入院された際に、ご家族の方から、「おばあちゃん、クーラーが嫌いで・・・」とよく聞きます。私もそうでした。あまりエアコンが好きではありませんでした。家中の窓をすべて全開にし、扇風機をつけて寝ていた夜勤明けのある日のことでした。夜勤明けなので、気温が一番高い時間に寝ていたことは言うまでもありません。夕方、暑くて目が覚めました。もちろん汗だくです。そして体がとにかくだるいのです。最初は、夜勤明けで疲れているんだと思っていましたが、時間がたっても、この何とも言えないだるさが治まることはなく、私はいわゆる“熱中症”になったんだと初めて気が付きました。恥ずかしながら、この熱中症に気が付いたお話は2回目に熱中症になったときのお話です。1回目は、前述したように、夜勤明けで疲れているんだと思いこみ熱中症だとは気付きませんでした。まさか、自分が家の中で熱中症になるなんて考えてもいないことでした。
 熱中症は、誰でもどこでも簡単にかかってしまう病気です。しかし、対策さえきちんとすればかからない病気です。普段以上の水分摂取をすること、涼しい場所で過ごすこと、そして、エアコンが嫌い、苦手と意地を張らないこと。簡単なことで熱中症は防ぐことができます。
縁側に座り、セミの声や風鈴の音を聞きながら、スイカを食べる。風情があり、とても素敵な夏の過ごしかたですが、ここ練馬では、ソファーに座り、TVを観ながら、アイスを食べて過ごすのが、合っているようです。
みなさんも、健康に、この猛暑に打ち勝ちましょう!

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.