医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  両親の入院を通して

  
  看護師
  
  加藤 麻美
  
 

みなさんこんにちは。
私はスズキ病院に就職して、間もなく2年目を迎える看護師です。
 山形出身で看護学校入学と同時に東京に出てきました。東京に出てきて4年目となる今年、母が股関節を人工骨頭に替える手術を行いました。今山形に居るのは父と母の2人だけ。そのため、手術の準備や家のことをするのは父だけです。心配になり父に電話すると「大丈夫、大丈夫」と笑っていました。父は仕事一筋の人で、弱音を吐くタイプではないため、心配になり手術前に一度実家に帰省。父に話しを聞くと、手術内容や手術後の経過、退院後の生活についての説明が、病院の看護師からあったと言うものの内容は全く覚えておらず、「足を曲げないような生活になるって言われなかった?」と尋ねると「あー言われたような」という返答。看護学生の時に母と同じように手術を受けられた方を受け持たせて頂いたことがあったため、父に改めて一つ一つ手術後の生活について話しをしました。そして無事に手術が終了し、1ヵ月後に退院。今は自宅でのんびりと過ごしています。
退院するにあたり、股関節に負担がかからないように家の中を改修したり、ベッドを購入したりと大忙しでした。私が看護師だったため、入院してすぐに、退院後に向けて環境を整えていたため、すんなりと自宅に戻ってくることができました。退院後の生活について見当がついていたため事前に動くことができましたが、もし身内に私のような医療関係者がいなかった場合、父はきっと退院後の生活が想像できず、母にとっては生活しにくい環境だっただろうと思います。看護師の話しを覚えていない段階で、きっと退院日の調整すら難航していたかもしれません。
今回の母の入院を通して、家族にとって今のことで頭がいっぱいになり、入院の説明を行ってもあまり覚えていないことが身をもってわかりました。私もご家族の方に入院案内を行うことがあります。今回の経験を活かし、家族の方の気持ちが落ち着いてから、改めて説明をすることで、入院中そして退院後も安楽に過ごしてもらえるよう努めていきたいと思います。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.