医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  日常生活の中の絶景

  
  外来看護師
  
  小林 ゆかり
  
 

東京での暮らしが長くなり、ここでしっかりと根づいた私が、日々の生活の中で時間を忘れ感動する風景がある。

富士山
上京して看護学生だった頃、研修で河口湖に行ったとき、初めて富士山を見た。
その後、まったく縁がなく過ごしてきましたが、購入したマンションのベランダから南西の方角に富士山がくっきりと見えたときの驚きと感激は言葉には言い表せませでした。
夫に「富士山が見える」と連呼していたようで、「東京からでも富士山は見える」ことを教わりました。 娘の入学式の朝もくっきりと見える富士山をバックに写真を撮ったりと、双眼鏡片手にウォッチングしていました。 二年前にビルが建ち富士山が見えなくなり、残念です。

夕日
北海道日本海側の田舎町で生まれ育った私は、中学時代、夕日を見るために夕方まで海(浜辺)で過ごし、日が暮れるとともに家に帰る生活をときどきしていました。 高校時代は部活で忙しく海には行けず、自宅近くの崖から、眼下に広がる町並みのその先に広がる日本海。水平線に沈む夕日で真っ赤に染まる海と町並みの景色を見るのが好きでした。無心になれた。
上京して押しつぶされそうになったとき、当時付き合っていた彼氏(今の夫)に「日本海に沈む夕日がみたい」と新潟まで車を走らせてもらったこともあった。上京して見た夕日はどこか欠けていて丸いままの夕日が見たかった。 購入したマンションの玄関先の廊下から西の方角に、ビルとビルの間から丸いままの夕日が見れたときは、時間の過ぎるのも忘れて見入ってしまい、とてもホッとし、安心した。タイミングが合わなければ見ることができないだろう夕日を見れたときは幸せな気分になります。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.