医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  長いブランクを経て

  
  2病棟看護師 
  
  田中 知香
  
 

 私は、福岡の看護学校を卒業後、付属の病院へ入職し、3年間看護職を経験した後に結婚退職し上京しました。そして近くの病院に勤務しましたが、約一年で長男の出産を機に退職しました。その時は看護職を離れることに迷いはありませんでした。両親は私が幼少のころからずっと忙しくしていたので、“お母さんがいつも家に居てくれる”という環境に憧れがあったからです。ですので、3人の子供たちが大きくなり下の子が幼稚園へ上がるまで主婦として子供たちのそばに居られたことは嬉しく思います。
しかし、もうこの時には看護職から離れて9年近くも経っていました。焦りがない訳がありません。看護師以外の職種で働くことも考えました。でも、学生のころ両親がずっと応援してくれていたこと、子供たちから「ママはお仕事したことあるの?」と聞かれた時、自信を持って「看護師」と言えなかったことがとても残念に感じてしまいました。
このことが、もう一度働くのであれば、やはりまた1からのつもりで勉強して、看護師として働きたいと思いました。
下の子が幼稚園に入ったタイミングで働こうと決めましたが、小学校と幼稚園の行事やお手伝い、夏休み、などなど・・・気になることは沢山です。そしてブランクも長い・・・。なかなか踏み出せませんでした。そんな時に目にしたスズキ病院での復職者支援研修。これはぜひ参加したいと思い、すぐ申し込みをしました。研修では現役の看護師の方々に講義・実習を受けさせて頂けました。質問などもその場ですぐ聞くことができ、自信のない看護技術も何度も練習させて頂けました。その研修を通して、スタッフの方々や病院の雰囲気、そして子育てしながらも働きやすい職場作りに積極的に取り組まれている環境に惹かれ、こちらでの入職を希望しました。
今、復職して1年が経ちました。復職したことで、1日のリズムにもメリハリが出来、今はまだ日数・時間ともに減らして頂けているので、子供たちにも寂しい思いをさせることなく働くことが出来ています。とても有難く思っています。今後は、子供たちの成長に合わせて、少しずつ増やして行きたいと思っています。 

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.