医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.11.13  看護師になって
 2017.10.04  練馬大鳥神社酉(とり)の市
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  初めての転職

  
  看護部 看護師
  
  三輪 恭子
  
 

 私が浩生会スズキ病院に入職して1年3ヶ月が経過しました。前の職場は付属の看護学校を卒業してから約7年勤務しており、慣れた環境から離れるのは少しさみしい気持ちもありましたが、引っ越しを機に転職をすることとなりました。
以前は呼吸器内科病棟で勤務しており、主に肺炎、肺癌等の呼吸器疾患の方へ、化学療法や在宅酸素療法の指導や禁煙指導などに取り組んでいました。浩生会スズキ病院は消化器疾患の患者さんが多く、手術も行なわれているため、今まで行なっていた看護とは異なる知識や技術が必要であり、入職当初は不安でいっぱいでした。
手術前後の患者さんと関わるのは看護学生の実習以来で、術後の観察ポイントは?患者さん・ご家族への配慮はどのようにしたら?など分からない事だらけでした。入職してから、なかなか手術をうける患者さんを受け持つ機会が無く、初めて術後患者さんを受け持たせてもらったのは夜勤初日の事でした。初めての夜勤で緊張をしていたうえに、まさか手術後の患者さんまで、と思いました。しかし、初めての夜勤は私のフォローをして下さっている先輩や、病棟主任との夜勤であり、私の緊張を程良くほぐしながらフォローをしてもらいました。私自身手術を受けた事が無いので、手術を受ける方の不安や痛みなど、分からない所は多くあります。以前家族が手術をすることになり、家族として、手術はうまくいくのだろうか、術後合併症など出現しないかなど心配でしたが、主治医の先生や看護師さんが声をかけて下さり、日々改善していく家族を見ていて不安が解消された事を覚えています。
私が目標としている看護は、患者さんやご家族に寄り添った看護をし、痛みや不安を少しでも軽減できるように働きかける事です。そのためにも、前職での経験もあわせて、浩生会スズキ病院で更なる経験を踏んで、なるべく患者さんのベッドサイドへ訪門し、状態にあわせた看護を行なっていきたいと思います。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.