医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  1年経って改めて思うこと

  
  看護部 看護師
  
  K・K
  
 

1年経って改めて思うこと
                 看護部 看護師K・K 

 今回、私の患者体験を通して感じたことをお話したいと思います。
私は、今から約7年前(40歳を過ぎた頃)子宮腺筋症という診断を受け、半年に1回婦人科に通い、経過をみていました。
(子宮腺筋症とは、子宮内膜の組織が子宮の筋層内に潜り込んで増殖する病気で、悪性疾患ではありませんが強い月経痛や月経過多がみられ、日常生活に支障をきたす場合が多いといわれています。)
 私の場合、大きな支障はなく5年の月日が過ぎましたが、2年くらい前から、月経血の量が増えたこと、下腹部に硬いものが触れるようになり、しばらくすると足がむくみ始めました。
看護師である私は、腎臓が悪いのか?心臓か?色々不安になり始め、当院の医師へ相談したところ、血液検査は問題なく、さて、なんだろう?と考え子宮腺筋症がある事を医師へ伝えるとMRIを撮影することになりました。そうしたら、なんと!大きさが、本来、鶏卵大くらい子宮が、児頭大(赤ちゃんの頭大)もあった事が判明し、年齢と今後のことを考え迷わず手術することを決めました。
紹介先の医師の第一声が「ここまでよく我慢していましたね。」でした。子宮が大きすぎるため手術のリスクが高くなるとのことで、ホルモン治療を半年間行い小さくしてから手術を受けることになりました。そのかいがあり少しだけ小さくなり、昨年4月25日に無事手術を受けることが出来ました。手術後、思っていたよりも順調に回復し、手術前の不安はどこへいったのかと思うほどでした。
ただ、傷の痛みや、この先の経過がどうなるのかなど不安がなかったわけではありません。そんな時、入院期間中が4月ということもあり、新人の看護師が担当してくれました。何をやるにも慎重で、丁寧で私の不安を傾聴してくれたおかげで、安心して入院生活を送ることができ、また、一生懸命に看護している姿を見て、普段の自分の行動を振り返る良い機会となりました。そして、今年4月で1年が経ちましたが、入院中のことを思い返し、今後は自身の体験を踏まえて、患者さんの立場になりケアが出来る看護師として頑張っていきたいと思います。






  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.