医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  姉から受けた刺激

  
  2病棟 看護師
  
  谷口 幸子
  
 

 私は4つ上の姉と年子の妹がいる三姉妹の次女で、18歳まで北海道の田舎町で育ちました。看護学校進学のため上京、看護師として4年間病棟勤務を経験し結婚を機に退職、その後はクリニックや療養型病院で働きましたが、引越しや妊娠などで辞め、それぞれ1年程の勤務でした。それからは子育てを理由に長いブランク生活が始まりました。
4つ上の姉ですが、40歳も間近な頃、子供の中学進学を機に地元の准看護学校に入学し、2年間勉強して准看護師の資格を取り、夜勤もする病棟での勤務を始めたのです。家事と勉強の両立も大変だったと思いますが、40歳過ぎから新人ナースとして勤務することは色々と苦労があっただろうと想像できます。私はというと、長いブランクで看護師復帰にすっかり自信をなくしていた時期でした。ブランクがあっても大丈夫とのすすめもあって デイサービスに勤め始めましたが、利用者さんとのふれあいは楽しいものの、看護師が1人という環境で、何かあった時に判断を任される不安は常にある状態でした。
姉の頑張る様子が刺激になったこともあり、もう一度病院で働いて1からやり直したい、自信を持って働けるようになりたい、と思うようになっていた時にスズキ病院での復職研修の案内を目にしました。
思い切ってデイサービスを退職し、研修に申し込み、その勢いでスズキ病院での復職を決めました。40代半ばでの再スタートでした。久し振りの採血では緊張で手が震え患者さんに思いっきり不安が伝わってしまったり、要領が悪くて時間がかかり他のスタッフの方に助けてもらったり、医療用語がわからない、動けない、と落ち込むことも度々ありながら1年が経ちました。まだまだ自信もなくへこむことも多いのですが、それでも看護師の仕事がやっぱり好きなのかも・・・と感じています。 
 マラソンが趣味で、フルマラソンを走る姉は60歳になったらホノルルマラソンに出場する事を目標に仕事とジョギングを続けているそうです。私は、老後は豪華客船で世界旅行!を夢みて、できるだけ長く看護師として働けたらいいなと思っています。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.