医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  子供たちの笑顔が見たくて…

  
  看護部 看護師  
  
  K・K
  
 

 今回、私が9月に行く児童養護施設のボランティアについてお話しさせていただきます。
ボランティアの参加は2度目になります。
最初に養護施設について少しお話したいと思います。岩手県にある児童養護施設です。その施設には、保護者のいない児童、虐待されている児童、環境上養護を必要とする児童を入所させ養護し、あわせて、退所した児童に対する相談と自立を支援することを目的としている施設です。原則、乳児を除く18歳まで児童相談所を通してお預かりして家庭に変わって養育されています。
 私が初めてボランティアに参加したのは、2年前。きっかけは知り合いから声をかけられたことでした。ボランティアの経験のない私は、最初すごく不安がありました。 
ボランティアの内容は、バーべキューの準備です。男性陣は火おこしで焼く準備を、女性は食材の準備です。一応私も主婦ですから、炊事ならお手伝いできるだろうと簡単に考えていました。しかし、いざやってみると食材は子供の口に入る大きさにすることから衛生面などを施設のスタッフがそばで指示を出したり、食材の量の多さやフライパンや鍋の大きさが半端なく大きくて、思うように炒めたりカットしたり出来なくて戸惑うことばかりでした。 やっとの思いで準備が完了し、バーベキューの開始です。焼いたり食べたりは子供たちも参加して一緒に楽しみます。いろいろな年齢の子供がいますが、どの年代の子供も私たち大人を怖がらず、受けいれてくれ、最後は「ありがとうございました。」と、とても素敵な笑顔で喜んでくれました。その笑顔がみたくて今年は早めに日程の調整がとれたので、9月3日参加してきます。前回よりも子供たちのためになれるよう努力したいと思います。そして、次回またご報告が出来るようにしたいと思います。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.