医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.12.03  患者さんからの手紙
 2017.11.13  看護師になって
 2017.10.04  練馬大鳥神社酉(とり)の市
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  患者さんからの手紙

  
  看護部看護師
  
  山形 順子
  
 

 今年の夏、中学時代の同窓会がありました。20~30年もの間、会っていなかった同級生と中学時代の話で盛り上がってとても楽しい時間でした。その後しばらく心がタイムスリップしてしまったような不思議な感覚になり、懐かしい思い出を探すべく、実家で昔の写真や手紙のつまった引き出しを開いてみました。その中から、新人ナースの頃に患者さんから頂いた手紙を見つけました。
当時(25年前)、私は大学病院の放射線科病棟(癌治療病棟)で働いていました。その手紙は喉頭癌の治療を終えて退院された50代位の男性からで、私の受け持ち患者さんでした。「ピカピカの一年生の貴女へ」から始まり、入院中の思い出や心境、退院時に看護師達から贈られた寄せ書きや私が書いた手紙をお守りにしていることなどがユーモアたっぷりに書かれていました。そして、私への激励の言葉も…!
「ピカピカの1年生から本チャンの2年目を迎える、貴女にとって1年生で学んだもの総て生かせるか!無にするのか!貴女自身にとって大きな課題となります。さあ~~どースル 娘 順子ヨ‼ 1に勉強‼ 2に勉強 3・4がなくて5に勉強‼ 6に勉強‼ ~~一生勉強。貴女はピカピカの一年生ではなくベテラン中のベテラン。自信をもって行け‼2年目へ…。」
受け持ち看護師が新人ということで頼りなさも感じていたと思いますが、それを父親のような温かい目で見守って下さっていたことを感じて胸が熱くなりました。と同時に、この時の激励の言葉(勉強‼)が十分に生かされなかったことが悔やまれます。
放射線治療は化学療法の併用などもあって、長い入院期間を要します。そのため患者さんとの関わりが深く、今もなお心に残っています。特に新人の頃は、時間さえあればベッドサイドに張り付いて患者さんといろんな話(時には人生相談も)をしたものです。
あれから長い年月が経ちましたが、あの頃患者さんたちから頂いた宝物を思い出し、立ち止まって考える良い機会になりました。「今からでも遅くないよ」と言って下さっているような気がして、また励まされています。一生勉強‼ という気持ちで前に進んでいきたいと思います。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.