医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  地震を経験し思うこと

  
  2病棟看護師 
  
  三橋 雅奈巳
  
 

 私の大好きな場所は水族館です。水族館に行く目的で旅行に行ったりもします。昨年はバブルリングができるというシロイルカに会いに島根県まで行ってきました。新幹線と特急電車で7時間近くかかって行ったのに、なんとシロイルカは産休中でショーはやっておらずバブルリングを見る事はできませんでした。リサーチ不足でした・・・。
 水族館では何時間でも魚達を眺めては癒されていますが、その中でものんび~りした泳ぎのマンボウが一番好きです。ひれを一生懸命動かしてもあまり進まない動きがとてもかわいいです。どこにでもでもいるわけではないので、マンボウのいる水族館に行く時は楽しみが倍増します。
 3年前に宮城県に行きました。日本三景の松島に行くことが本来の目的でしたが、松島には「マリンピア松島」というマンボウのいる水族館があって、そこにマンボウがいる事を現地で知った私は一緒に行った友達を説得してマンボウに会い、二つも目的も果たせた宮城県の旅行は大変満喫したものになったのでした。
 今年。もう5カ月が経とうとしていますが、東北地方太平洋沖地震が発生しました。松島も津波の被害に遭い、会いに行った生き物達、マンボウも残念な事に死んでしまったようでした。あの日、東京でも震度5を観測し大きな被害がなかった私も、あの時の恐怖は忘れられません。それと同時に今まで地震に対しての備えは何もしていなかったので本当に他人事だったと実感しました。
 もう大地震が起こらないで欲しいというのが一番の願いですが、未だに地震が発生している状況です。当院でも地震に備えての訓練を実際に行い、日々の災害を想定した訓練が重要だと感じました。もしまた大地震が起こったら・・・私たちは院内にいる患者さんを守ることはもちろん、続々来院するであろう患者さんの対応をしなくてはいけません。きっとそんな状況の時は誰もが不安でパニックになってしまう状態になるとは思うのですが、自分で動く事のできない患者さんや高齢の方は特に不安だろうと思うので、自分自身が落ち着いて少しでも患者さん達の不安が軽減できるように心構えは常に持ち、訓練した事を思い出し焦らず行動したいと思います。
 ちなみに、「マリンピア松島」は水族館スタッフの頑張りで4月の半ばから営業を再開し、茨城県の「大洗水族館」(マンボウがたくさんいて私のおすすめな水族館です!)からマンボウが寄付され元気に泳いでいるそうなので、またいつか宮城県に行きたいと思います。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.