医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  看護師不足の中で

  
  看護部 看護師
  
  松井 優樹
  
 


 私は、去年の4月からスズキ病院で働く今年2年目の看護師です。
看護師免許を取得後は、病院経験は1年で、他の職業へ転職し、5年のブランクを経て、
再度、看護師として復職しこの病院で勤務するようになりました。
世の中は、看護師不足と言われており、今、現場を離職して働いていない看護師は71万人もいると言われています。妊娠、出産、育児により現場を離れたが、復帰するのは大変ではないのか?また一から勉強し始めるのは一苦労だ、等理由は様々である。かくいう私も、看護の現場から離れ、東京で夢を実現してみせると息巻いていましたが、夢破れた身です。そして尚且つ自分は、新米のまま離職してしまったため、持っているのは看護師免許のみ。技術もなにもない自分はどうしたら良いのか当時の自分は悩みました。しかし、ただ悩んでいたって何も変わりません。前を向かなくては!!!!!その1点張りで復職活動を行いました。そして今に至ります。こんな何もない自分でも周りは温かく、時に怒られたり、時に褒められたりと親身になって教えてくれました。
離職したけれど復職を考えている方にとって、一歩踏み出すことは大変大きな不安や問題がありますよね。でもチャレンジ精神をもって前に進んでみてはどうでしょうか?こんな私にだって出来たことです。頑張れば周りも必ずサポートしてくれます。この記事を見たら一度考えてみてはいかがでしょうか?


  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.