医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  迷いの森を抜けて

  
  病棟看護師
  
  伊藤 美和子
  
 

 『1秒でも早く痛みを取ってあげたい』
 『ほんの少しでも、不安を拭い去ってあげたい』
 11年前1人の新人看護師がいました。知識も技術もまだまだ未熟だけれど、共感できる素直な心がありました。ある日、1人の患者様が言いました。「この痛みを誰にもわかってもらえない。家に帰りたい。」と、手を差し出して泣いています。その手を握り一緒に涙を流す新人看護師は強く思いました。
 それから11年、新人看護師は様々な経験を経て成長し2歳の子供を育てながらのママさん看護師になりました。毎日黙々と働くママさん看護師は気づきます。『あれ?何かおかしいな・・・』育児と仕事の狭間で、自分の理想とする看護が何だったのか忘れてしまっていたのです。すっかり森に迷い込んでしまったママさん看護師。「私の理想の看護や~い」「新人の頃の私や~い」毎日探すようになりました。
 その時一人の患者様と出会います。突然の入院に少し戸惑っていた方でした。耳が少々聴こえ辛くコミニュケーションにも不安を抱き、表情にも表れているその方が気になりよく声をかけに行きました。その日の体調や浮腫(むく)み具合を看(み)に足に触れに行きました。表情が和らいだのを確認し、何気なくテーブルに目をやると綺麗に折られた紙製のコマを見つけます。これが本当によく廻り、とてもきれいでした。ママさん看護師は「子供に折ってあげたいので教えてください。」と、お願いします。
「これで良ければ折りますよ」「子供はいくつ?女の子?もっと綺麗な色で作るわ。」
「子供が口に入れないように気を付けてね。」
患者様はたくさんのコマと、中に小さな鶴が入って中身が見えるようになっている飾り箱も折って下さいました。その時ママさん看護師は本当に嬉しく涙が出るところでした。患者様はニコニコしています。
『見~つけた。』探していた大切な気持ち、患者様が見つけてくれました。

 桜が葉桜に変わった今日この頃、家では2歳半の子供が今もコマで遊んでいます。看護師って本当にいい仕事です。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.