医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  私の看護日誌

  
  看護部 看護師」
  
  辻本 美香莉
  
 


 私は田舎で育ちました。家は古く、祖父が窯で焚火し風呂の湯を沸かすなど、今となっては貴重な思い出だと感じています。私の祖父は、94歳で亡くなりましたが、とてもパワフルな人でした。竹馬に乗りたいと言えば、山へ竹を伐りに行き、竹馬を作ってくれたり、80歳前半では、関西の田舎から夜行バスを予約し、一人でディズニーランドへ行き、ジェットコースターに乗り帰ってくる。近所の公園へ一緒にいくと、鉄棒につかまり突如、けんすい逆上がりをしだす。正月に出てくる鯛の焼き魚は、頭から骨まで丸ごと食べる…。祖父は100歳を超えても生き続けるのではないかと思うほどパワフルな人でした。そんな祖父も私が看護師1年目の冬を迎えたころ、肺炎になり入院1週間程でこの世を旅立ちました。入院する前から食欲がなく、体調不良を訴えていたそうですが、なんと入院前日、母が仕事から帰ってくると大きなバナナ(祖父の大好物)2本の皮がリビングにあり祖父は寝ていたといいます。その日以降、ほとんど物を食べられないまま祖父は亡くなりました。
私たち病棟看護師は退院されていく患者様へ「変だな、体調が悪いな」と感じた際は早期受診して頂くように説明しています。そして患者様のQOL(生活の質)についても日々、考え看護を行っています。私の母親は祖父の体調の変化に気づいていたのに、何でもっと早く病院へ連れて行ってあげられなかったんだ。など自分自身を責めることがありました。しかし、祖父は慣れ親しんだ自宅で、大好物のバナナを食べることが出来ました。祖父が何を望んでいたかは実際のところ分かりませんが、今となって思うことは、祖父は悔いなく最期の時を過ごせたのではないかと思います。
まだまだ未熟な私ですが、患者様、そしてご家族が何を望んでいらっしゃるのか、どうしていきたいのか…しっかり向き合い、その思いに少しでも寄り添える看護師になれる様、頑張っていきたいと思います。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.