医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  あれから もう10年

  
  病棟看護師
  
  池 邦代
  
 

 私が子供のころなりたかった職業、それは「保母さん」でした。兄弟の一番上で小さい子の面倒をよく見ていたので、自然とそう考えるようになりました。
 小学校の時、母にポロっとその話をしたところ、返ってきた言葉は「これから少子化だから就職先 苦労するよ」の一言でした。母は、保母の資格があり仕事をしていたこともあったので、何気なく話したようでした。小学生の私にとって「就職先に苦労する」なんて考えたこともなく、希望すればその仕事に就けると思っていたのに、とても現実的な言葉に戸惑ったのを覚えています。
 そこで次に思いついたのが看護師という職業。その理由もとても簡単!通信簿に書かれるほどテレビっ子だったので、トレンディードラマ、料理番組、ドキュメンタリー番組まであらゆるジャンルを網羅していました。その中で私の目にとまったのは密着されている医師の近くでテキパキと働く看護師の姿でした。その番組が『救命病棟24時』。
 小学生が視るには少し衝撃的な手術シーンや苦痛で泣き叫ぶ人などが映っていましたが、身を乗り出して観ていた記憶があります。
 とても現実的な母も看護師という職業には反対も賛成もしませんでした。だって理由がテレビ番組の影響ですから、本当になるとは思ってもいなかったのだと思います。
 そんなこんなで月日は流れ、高校時代。看護師になるという目標は変わらず、看護学校受験の準備をしていた時です。受験には面接試験が必須で、学校でも友達と面接の練習をしていました。面接で必ずと言っていいほど聞かれる質問が「どうして看護師を目指したのか」というもの。正直にテレビの影響ですなんて答えたら一発で不合格にされると思い、それらしい理由を見つけて受験…合格。看護学校に通うようになったら「救命」にそれほどこだわらなくなりました。
 どちらかといえば、口腔ケアや清拭をしてきれいになって喜んでもらったり、体の向きを変えて楽になったりといったことのほうが正直好きです。もちろん、自分がやった点滴や処置で症状が改善されることもうれしいですけど・・・。
 見透かされそうな面接官の目をくぐりぬけ10年以上。なんとか看護師を続けています。現実的な母も看護師になってからは職種について何も言わなくなりました。もし看護学校に受かっていなかったら、今頃、テレビ番組のスタッフになっていたかもしれません。
 スズキ病院にきて丸5年。先輩や同僚と、患者さんのケアのことを話すのが結構たのしく充実しています。たいへんな部分も思い通りいかないところもたくさんありますが、もう少し続けられそうです。


(看護部長から)とっても頼りになる看護師‘池さん’です。もう少しと言わず、ずっと看護師でいてくれるでしょう。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.