医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  原点に返れる場所

  
  2病棟課長代行
  
  大谷れい子
  
 

 毎年「あじさい会」という同窓会に出席しています。最近は勤務の都合などで出席できない年もありますが、毎年楽しみにしている会です。看護師になって最初に配属された外科病棟に在籍していた看護師たちが集まる会で、毎年、1泊2日で開催されます。今では退職された人、定年を迎えた人、結婚を機に他県へ転居した人など様々です。その頃から十数年と経っていますが、この日だけはあの頃に返ったように、看護観を戦わせたり、熱く語り合える最高の時間です。
 もう20年近く前になりますが、この当時の外科病棟は「魔の病棟」と言われるほど怖いと恐れられている看護師たちが集まっている病棟でした。配属が決まった瞬間、泣き崩れたのを今でも覚えています。(笑)私は働きながら夜間の看護学校に通っていました。日中は病棟勤務、18時から21時まで通学、さらに夜中0時半から深夜勤務ということもありました。準夜勤の先輩に申し送りをするわけですが、もう地獄・・。「なんでこの検査をしたの?結果は?」「なぜこの治療になる?」「この薬を使用する意味は?」「患者さんの思いを聞いてみたの?」「なぜこう接したの?根拠は?」などなど質問攻め。答えられないと「深夜勤までに考えてきなさい。」とこうです。学校が終わっても仮眠なんてとっていられません。まあ毎日がこんな感じでしたから「この~いつか見返してやるー」という気持ちで過ごしていました。(笑)でもどうしてもそんな厳しい先輩達のことが嫌いにはなれませんでした。いつも患者さんには頼りにされていて、医師とも意見を言い合い、自信に満ち溢れている、そんな先輩達でした。もちろん、病棟全体が活気に満ちていて、意見があれば遠慮なんてしない、そんな看護師達の集まりでした。時には口論になったりもしましたが、目指すところが同じ仲間たちだけあって、最後にはお互いを高めあえるそんな病棟でした。今思えば、プロとしての厳しさ、やりがいを教えてくれたのだと思っています。そんな「魔の病棟」での時間が、今の私の原点だと感じています。
 だからこそ、この「あじさい会」は、時として忘れてしまいがちな自分の原点に戻れる唯一の時間なのです。懐かしむばかりではなく、思いはそのままで、今のそれぞれの立場にあった方法を熱く語り合う・・。来年の「あじさい会」が待ち遠しいです。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.