医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  ケニアでの体験

  
  看護部 1病棟 看護師
  
  鍵 智子
  
 

発展途上国で看護師として働くことを目指し、約2年間ケニアに滞在していた事があった。 免許取得はできたが3年の有効期限があり更新をしていないため免許の効力はもう無いのだけれど。この2年間で起こった事は私の中で核となるものを築いており、大事な私の一部分である。
 看護師という立場で話すなら1番印象に残ったのは救急外来で2~3センチの傷を2つも縫った事。日本では看護師資格としては出来ない医療行為だが、ケニアでは傷が浅い外傷は看護師が縫合する。看護師免許を取るための研修中に巡って来た、もう2度と来ないチャンスだと思い患者さんには申し訳ないが、率先して実施させてもらった。傷は、1つは眉間の辺りで、もう一つは額と眼の間。受傷の理由は喧嘩だった。思っていたよりも数倍の手の力が必要とされ針を皮膚に刺す時は皮膚の硬さで手が震えた。局所麻酔はかなりの量を使ったと思う。でも今でも思うのだが、あの傷は治ったのかということ。局所麻酔の量も気がかりだけど、合わせた皮膚の面が気づかないうちにずれていて引きつれた傷痕になったのではないかと思うと気が気でない。
 携帯電話を盗まれたり、必要な書類が揃わなかったり、ケニアから出国できなかったり、街中で変な人に付きまとわれたり・・・ケニアでは嫌なこと・怖いことも沢山あったけど、でも形態は違うけど日本でも嫌な事はある。
困ったことが起こると名前も知らない人が励ましてくれたり、助け船を出してくれる。それぞれのエピソードが大きくて一度には語れないけど、ケニアはそういう、「人って知らない人をこんなに助けられるのだ。人は人の心をこんなに救えるのだ」となんか心が「ほぅ」とする国。行くならツアーなんかでは無く、できるだけ長期の滞在で若いうちに行くことをお薦めしたい。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.