医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 €Home > 看護日誌 ■ 交通のご案内


看護日誌 一覧
 2017.11.13  看護師になって
 2017.10.04  練馬大鳥神社酉(とり)の市
 2017.09.01  子供たちの笑顔が見たくて…
 2017.08.18  感謝する心
 2017.07.04  マイケルとの出逢い
 2017.06.10  姉から受けた刺激
 2017.05.09  1年経って改めて思うこと
 2017.04.19  酒粕スコ-ンの作り方
 2017.03.15  初めての転職
 2017.02.05  ケニアでの体験
 2017.01.02  長いブランクを経て
 2016.12.23  教えてもらう立場から教える立場へ
 2016.11.22  看護職に復帰して
 2016.10.06  東京に来てはまった事
 2016.09.02  出来た時の喜びを感じて
 2016.08.18  自己紹介
 2016.07.13  私の看護日誌
 2016.05.20  日常生活の中の絶景
 2016.04.22  忘れられない出来事
 2016.04.03  スズキ病院で5年が経過した今…
 2016.03.15  きょうだい
 2016.02.01  私のふるさと
 2016.01.02  本のつながり
 2015.12.04  看護研究の取り組みについて
 2015.10.31  京都の魅力
 2015.09.18  両親の入院を通して
 2015.08.09  練馬の夏の過ごし方
 2015.06.27  看護師不足の中で
 2015.05.13  今思うこと
 2015.04.15  私の好きなこと
 2015.03.14  癒されてます。
 2015.02.11  私の家族
 2015.01.10  初めての転職
 2014.12.15  DIYの楽しさ
 2014.11.07  楽園以上のところ
 2014.10.03  親友との出会い
 2014.09.11  成長したね、これからも…ね
 2014.08.02  ペットの魅力
 2014.07.06  42歳からの再出発
 2014.06.11  私似の娘
 2014.05.10  私の健康法
 2014.04.27  みんな誰かのアイドル
 2014.03.04  小さな診療所
 2014.02.10  最近のハマリ事
 2014.01.01  「世間知らずの看護師」にならないために
 2014.01.01  看護師の役割
 2013.12.17  時間
 2013.08.18  高齢者の生活についてあらためて思うこと
 2013.07.02  トウキョウ
 2013.05.02  コミュニケーション術
 2013.03.26  私が看護師になった理由
 2013.03.01  夢だったことが今
 2013.02.13  再出発
 2013.01.05  大切な人
 2012.12.07  私の目指す看護
 2012.10.27  旅行という非日常
 2012.10.04  小さなよろこび
 2012.09.02  旅行
 2012.07.30  無影燈を紹介します
 2012.07.02  あれから もう10年
 2012.06.06  新たな挑戦
 2012.05.01  迷いの森を抜けて
 2012.04.01  医療系ドラマって・・・
 2012.03.03  義母との別れ
 2012.02.08  3・11
 2012.01.01  大切にしているもの
 2011.12.01  相田みつをさんの詩を読んで
 2011.11.03  原点に返れる場所
 2011.10.13  趣味になってしまった・・・
 2011.09.04  地震を経験し思うこと
 2011.08.02  私の気分転換~8月~
 2011.07.05  私の気分転換~7月~
 2011.06.10  大切にしていること
 2011.05.04  心の風景
過去の看護日誌はコチラ    

看護日誌
 
  ペットの魅力

  
  看護部
  
  山下 奈穂子 
  
 

                        
 私は猫を飼っています。私が高校生の時、学校帰りに拾ってきました。拾った当日は、どちらかというと犬派だった父に、「犬ならまだしも猫なんか拾ってきて」と言われました。しかし、次の日の仕事帰りには、首輪や食器、大量のおもちゃを買ってきたり、「猫がこんなにかわいいとは思わなかった」と一番メロメロになったのは父でした。子猫の魅力恐るべし…といったところでしょうか。
 そのためか、今も一番父に懐いています。帰ってくると飛んで行ってお出迎え、寒い時期の定位置は父の膝の上です。無理にどかそうとすると、「ウニャ~」とクレーム。まさにお猫様、です。一方で私は明らかに格下認定されている様子。撫でたり、一緒に寝たりはさせてくれるのですが、少しでも機嫌が悪くなるとひっかく、かみつくは当たり前です。猫の中での我が家のヒエラルキーは、父>母>猫>私、なのは確実でしょう。常々「拾ってきたのは誰だっけ?」と言ってはいますが、本“猫”は「生まれた時からこのうちの子ですが何か?」のような顔をして、大あくびをしています。
 いくらひっかかれようが、夜中にお腹の上をドスドス歩かれようが、それでもかわいいと思ってしまう私も、十分に猫の魅力にやられていると思います。アニマルセラピーという言葉がありますが、まさにその通りだと思います。どんなに疲れた日でも、嫌なことがあった時でも、温かくて柔らかい体を撫でていると、全部吹き飛んでしまいます。
ペットを飼うということは、最後まで面倒をみるという責任もあり、大変なことも多いですが、それ以上の幸せを与えてくれるものだと思います。

  管理ページ
© Copyright 2017 Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.